心療内科で貴方の心を治します~ハートフル治療でハート回復~

相談する2人の女性

磁気治療による病気の改善

笑顔の女医

精神科や心療内科には違いがあって、扱っている症状が違うのですが、メンタルクリニックではこの二つの特性を上手く活かした施設となっています。メンタルクリニックで受けることの出来る治療方法の一つに磁気刺激治療というものがあります。精神科や心療内科で扱っている可能性が少ない治療方法であり、施設内に設けている場所があるのならば、良いクリニックという判断基準になります。世界的に見ても新しい治療方法となっており、日本での導入は少ないものです。磁気刺激治療は、2008年にアメリカ食品医療薬局から正式な認可の下りた治療方法です。アメリカ食品医療薬局はFDAと呼ばれ、認可が下りるまで、いくつもの検査を受けて効果が実証されなければ認可がゲットできません。アメリカは医療大国でもあるため、世界基準よりも高い検査を受ける必要があるのです。そこで認可が下りたということは優れた治療方法であるということが認められた証となっているのです。

FDAより正式に認可の下りたことで知られる電気刺激治療ですが、名前の響きから察すると電気を使った治療方法であることくらいしかわかりません。この電気をどこに使うかが大きなポイントとなっており、電気を脳の特定の部分に使うことによって効果を得ます。電気を脳に流すことによってどのような効果があるのかというと、脳の血流を増加させる効果があります。脳の血流が増加することによって通常の状態よりも低下していた機能を戻す働きがあります。低下した機能があることによって症状が現れるので、低下した状態から通常時に戻すサポートをしてくれます。薬物治療や電気けいれん療法なども、電気刺激治療に似た方法で治療をしますが、電気刺激治療のほうが副作用が少ないということで支持されています。薬物治療独特である副作用として、不眠や吐き気、頭痛などがありますが、電気刺激治療にはそのような副作用で悩む必要がなくなります。痛みは個人差があり治療を続けることで痛みが少なくなっていきます。