心療内科で貴方の心を治します~ハートフル治療でハート回復~

相談する2人の女性

心身共に治療可能

スーツを着た男性

心療内科で主に扱っている症状として心身症があります。心身症はストレスなどによって症状が起こると考えられています。脳への影響を改善することで症状が良くなると言われています。現代社会において、ストレスに触れ合わずに生きることはほとんど不可能な事です。社会でのストレスはもちろんですが、プライベートでもストレスを貯めないというのはほぼ不可能な事となっています。それだけストレスが当たり前となっている社会になっています。ストレスが溜まるとどうなるのかというと、脳の神経伝達物質に流れが悪くなります。その影響によって、自律神経が乱れる結果となり上手く機能しなくなります。自律神経は脳から身体に対して命令を出す際に重要な器官となっているため、ここが乱れるとダメージが大きいのです。

自律神経が乱れることによって、間接リウマチやジンマシンなどの症状が出てくるので、身体にかゆみが発生します。掻いてしまうと皮膚を傷つけることになるので警戒が必要です。また、気管支喘息や神経性胃炎などにもダメージが行くことがあります。心身症はノイローゼと呼ばれる神経症と症状が似ている部分も多く、精神的な部分で起こるということも類似しています。精神的な部分が原因であることから精神疾患と混同されることもあります。心身症とは、名前や病名ではなく、精神的なことから発生した症状全体の病態名となっています。ストレスからくるダメージがあり、精神的な負担を感じて表れた症状があるのならば、心療内科に行った方がいいのかもしれません。心療内科ならば、専門スタッフがそろっており、身体に現れた症状も、精神的な部分も両方とも一緒に治療することが出来ます。