心療内科で貴方の心を治します~ハートフル治療でハート回復~

相談する2人の女性

精神科と心療内科の違い

話す三人の男女

精神科と心療内科の二つは似ているようなイメージが強く、二つが同じだと思っている方も実際に存在しています。実際には違う内容となっており、二つを分けるというのは意味があることなのです。分け方の大きな違いとしては扱う症状によって異なるのです。精神科とは、心に関する病気を専門的に扱っています。心の病気といっても種類や症状によって異なる部分が多いので、精神科で扱う症状も多くあるのです。心の病気とは、不安になることが多く、普段感じないことでイライラしてしまって腹が立つ、妄想に耽っている常態が続くなどの症状が見られます。一般的に良く知られているのが、うつ病や不眠症といった有名な病気であり、精神疾患に関わるものが多いです。イメージ的に精神科という名前が良くないということがあり、精神化を名乗らないこともあります。心療内科という名前でも実際には精神科である可能性があります。

精神科と違った心療内科にはどのような特徴があるのかというと、心療内科では主に心身症について扱っています。心身症という言葉に馴染みがない方もいますが、心身症とは原因がなんなのかがわからないのに精神的に不調を感じることがある症状の事です。何が原因で体調不良が現れているのかわからないの場合もあるので、怪我や病気など原因として良く考えられる症状が原因ではないのです。そのため、身体疾患の部分を診察したとしても問題がない場合が多いのです。原因がわからないというのがかなり大き過ぎると、精神疾患になる場合よりも治療するのが難しくなる可能性があります。医師の経験や類似した症状から検索することも可能となっているので、心身症が原因だったとしても問題ありません。気になる事があるのならば、心療内科に行って診察を受けましょう。症状が専門外の場合でも、別の機関を案内されるので、気兼ねなく行くことが出来ます。