心療内科で貴方の心を治します~ハートフル治療でハート回復~

相談する2人の女性

うつ病になる原因と症状

医師と相談者

現代社会として当たり前になってきている病気としてうつ病があります。うつ病は現代社会において珍しい病気ではなく、日常にありふれている病気となってきています。そのため、今の世の中には広く認知されており、うつ病に関する情報も街に溢れかえっています。精神科や心療内科に通うための敷居もかなり低くなってきており、うつ病の早期発見早期治療も可能な時代となってきています。うつ病だからとさらに落ち込むことなく心療内科に行って治療をした方が良い時代になったのです。認知度が高まったうつ病ですが、その分あいまいな領域がかなり多くなってきていますので、うつ病が本当はどのような病気であるのかを知っておくと良いでしょう。うつ病だと誤診することで本当のうつ病になったケースもありますので、正しい知識を身に着けるようにしましょう。

うつ病は一般的には精神障害のことです。通常のうつ病ならば反復性が強く、病的な状態に陥ったとしても回復する可能性が大きい症状です。うつ病の完全なる原因は今の医療技術でも解明されていません。脳の働きと関係性があるということまでは突き止めているのですが、それ以上のことで確定している情報はありません。環境的な要因も関わっていると言われていますが定かではありません。うつ病の症状として精神にも身体にも影響を与えます。精神的な症状としては、抑うつ気分や感情起伏、無気力状態や絶望感など、負の感情が強くなり、喜ぶなどの明るい感情が表に出にくくなります。身体的な症状としては、食欲不振や睡眠障害など、健康によろしくない状況となるので、不健康な体になってしまいます。身体的症状も精神的症状も現れることが多いので、心療内科が扱っている病気の中でも症状に気づきやすいです。早期発見早期治療が大事になってきます。